/

住友化学の20年3月期 純利益75%減 中国の景気減速で

住友化学は28日、2020年3月期の連結純利益(国際会計基準)が前期に比べて75%減の300億円になりそうだと発表した。58%減の500億円としていた従来予想から200億円引き下げる。新型コロナウイルスの感染拡大の影響として40億~50億円程度を織り込んだ。

医薬品事業では欧州の製薬スタートアップの子会社買収に伴い販管費や研究開発費が膨らむ。石油化学製品の採算も悪化する。

売上高にあたる売上収益は3%減の2兆2500億円と微増の2兆3300億円としていた従来予想から一転減収になる。石油化学製品では中国をはじめとする需要の鈍化でアクリル樹脂原料などが振るわない。

一時的な損益を除いた本業のもうけを示す「コア営業利益」は39%減の1250億円と350億円引き下げた。下方修正のうち40億~50億円分は新型コロナの影響によるもの。中国の情報電子事業などの製造拠点で稼働率が落ち込む。健康・農業事業では北米の天候不順で出荷が鈍っている。

未定としていた期末配当は前期末より5円減の6円(年間配当は17円)とすると発表した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン