/

宮島口の新ターミナル、29日にオープン

にぎわいづくりに期待

広島県や廿日市市は29日、宮島の対岸にあたる宮島口に新しい旅客ターミナルを開く。異なるフェリー事業者によって離れていた改札や乗り場を集約させることで利便性を高めた。5月上旬にはターミナル内に観光案内所や物販コーナーなども開く予定で、宮島口地区の新たなにぎわいづくりにつなげる狙いだ。

宮島口に新しい旅客ターミナルが29日オープンする(広島県廿日市市)

新ターミナルは地上2階建てで、延べ床面積は約2180平方メートル。県や廿日市市などが開発を主導し、2013年から港湾埋め立て工事に着手していた。埋め立てや桟橋の整備、ターミナル建設を含めた総事業費は約70億円。壁や天井には県内産木材を使用し、天井の一部をガラス張りにすることで開放感のある造りにした。

4月2日には新ターミナルの隣に、広島電鉄が商業施設「etto(エット)」を開業する。宮島には年間約450万人の観光客が訪れることもあり、対岸の宮島口でも旅客ターミナル周辺を中心とした集客に期待が集まっている。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン