/

トモニファンドが3社に投資 第1号案件で計1億円

徳島大正銀行と香川銀行を傘下に持つトモニホールディングス(HD)は、創業支援や事業承継を目的とする「地域とトモニファンド」の投資先第1号となる企業3社を決定した。投資額は合計で約1億円。トモニHDはファンドを2023年3月までに掲げる中期経営計画の具体策として位置づけており、地域経済活性化に向けた取り組みが動き出した。

投資先は、創薬支援を目的にゲノム編集の共同研究などを手掛けるセツロテック(徳島市)、ドローンを活用した無人物流システムの開発に取り組むかもめや(高松市)、不動産会社向けにIT(情報技術)を活用したサービスを提供するスマサポ(東京・中央)の3社。今回の投資先は全てスタートアップ企業となった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

地方銀行や信用組合、信用金庫の最新ニュースをまとめました。人口減少が進む地方で経営統合による経営力強化や新規事業、地方企業育成などを進める各金融機関の最新ニュースや解説をお届けします。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン