レジャー施設で休業相次ぐ ディズニー・USJ 新型コロナ

2020/2/28 17:24
保存
共有
印刷
その他

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、レジャー施設が相次ぎ臨時休業を発表している。東京ディズニーリゾート(TDR、千葉県浦安市)を運営するオリエンタルランドは28日、TDRを臨時休園すると発表した。新型コロナウイルスの感染が拡大していることを踏まえた措置で、29日から3月15日まで東京ディズニーランドと東京ディズニーシーの2つのテーマパークを閉める。

新型コロナの感染拡大が日本を代表するレジャー施設の休園につながり、消費全般への影響も懸念される。TDRが休園するのは、台風19号が関東地方に上陸した2019年10月以来。複数の日にわたって終日休園するのは、東日本大震災直後の11年3~4月以来、約9年ぶりとなる。

TDRの19年3月期の来園者数は3256万人。1日当たり8万~9万人が訪れており、休日には安定して10万人以上の来園がある。テーマパークは広いものの、乗り物に乗っている間や順番待ちをしている際などは、人と人の距離が近いケースも多い。キャラクターなどと来場者が触れ合う一部の演出を取りやめるなどの対策を既にとっているが、感染予防には全面休園もやむを得ないと判断したようだ。

ユー・エス・ジェイ(大阪市)は28日、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)を29日から3月15日まで約2週間、臨時休園すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、政府がイベントの中止や延期、規模縮小を要請したことを受けて決めた。休業期間中のチケットの扱いについては28日午後9時をめどに発表する。3月16日の再開予定だが、「状況をみて変更する場合は改めて知らせる」としている。

よみうりランドは28日、運営する遊園地「よみうりランド」(東京都稲城市)を臨時休業すると発表した。休業期間は29日から3月15日までとする。よみうりランドのほか、同社が都内や愛知県で運営する子供向け屋内型レジャー施設も臨時休業する。川崎市と愛知県日進市にあるショッピングセンター内で展開するレジャー施設で、29日から3月15日まで臨時休業する。よみうりランドの再開時期は3月16日を予定しているが、「感染状況などを鑑みて検討する」(同社)という。

よみうりランドの2019年3月期の入場者数は191万2000人だった。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]