避難所運営、その時どう動く? ゲームで疑似体験

社会・くらし
2020/3/1 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

自然災害で家にとどまれない場合、避難所で暮らすことになる。慣れない生活は大変だが、避難者が自ら運営の中心となるケースも実は多いという。そんな時どう動けばいいのだろうか。

■刻々と変わる状況を想定

避難所運営をゲーム形式で疑似体験できると聞き、参加した。まず静岡県が運営に関わる住民や自治体向けに開発した「避難所HUG(ハグ)」。HUGは「避難所・運営・ゲーム」の略だ。約250枚のカードを引くたび、そ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]