SDGsと企業の責任(1) 誰一人取り残さない世界
法政大学教授 長谷川直哉

やさしい経済学
2020/3/2 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2015年に開かれた国連のサミットで「持続可能な開発のための2030アジェンダ」が採択されました。その中核がSDGs(持続可能な開発目標)です。MDGs(ミレニアム開発目標)の成果と教訓を踏まえ、「地球上の誰一人取り残さない世界」の実現を目指しています。

MDGsは途上国の人間開発(貧困・教育・保健)がメインテーマでした。SDGsでは経済の持続的成長、格差問題、気候変動など経済、社会、環境の各分…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]