言葉の力がひそむ小説家 古井由吉さんを悼む
寄稿 黒井千次(作家)

カバーストーリー
2020/2/28 16:44
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

古井由吉氏に初めて会ったのは、当時「文芸」の編集長であった寺田博氏が計画した「現代作家の条件」と題した座談会の席であった。一九七〇年三月号の「文芸」に掲載された五人の新人作家による座談会で、メンバーは阿部昭、黒井千次、後藤明生、坂上弘、古井由吉の五人であった。年齢は古井由吉が最も若く三十二歳、こちらが後藤明生と同年で三十七歳、その間に阿部昭と坂上弘の二人が挟まれていた。

その座談会が忘れられない…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]