佐賀の休校は3月15日まで 感染者なし、登校余地残す

2020/2/28 15:25
保存
共有
印刷
その他

佐賀県教育委員会などは28日、県立の中学と高校、特別支援学校の臨時休校期間のめどを3月3日から15日までと決めた。県内で新型コロナウイルスの感染が確認されていないためで、状況に応じて最終的な期間を判断する。市立小や町立小、私立校にも同様の対応を要請する。

大半の学校は3月下旬から春休みの予定で、状況次第でその前に登校できるよう余地を残した。休校期間中も、放課後児童クラブ(学童保育)などは原則開所する。県立校の卒業式や入試も感染防止対策をして実施する方針。

山口祥義知事は県庁で報道陣の取材に応じ、安倍晋三首相による休校要請について「仕方がない部分もあるが、もう少し前もって要請することもできたのではないか」と疑問を呈した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]