/

この記事は会員限定です

香川発のゲーム規制、国も依存症対策で初会合

WHOは障害認定

[有料会員限定]

未成年のゲーム利用に一定の制限をかけようとする動きが広がり始めた。香川県議会が独自の条例案をまとめ、4月の施行を目指しているほか、国も関係省庁や業界団体を集めた初会合を開き、対策を探り始めた。2019年に世界保健機関(WHO)がゲーム障害を依存症に認定したのを機に、日本国内でもルールづくりの議論が進みそうだ。

香川県が全国初の制定を目指しているのが「ネット・ゲーム依存症対策条例」だ。素案では18...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り744文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません