/

この記事は会員限定です

トイレットペーパー、発注増で卸困惑 新型コロナで誤情報

[有料会員限定]

トイレットペーパーを扱う卸業者や小売店の一部で発注が急増しており、担当者が対応に追われている。新型コロナウイルスの影響でマスクの品薄が続くなか「トイレットペーパーやその原料が中国輸入に依存しており品薄になる」という誤った情報がSNS(交流サイト)などで拡散しており、業界団体の日本家庭紙工業会(東京・中央)は「冷静な対応を」と呼びかけている。

同工業会によると、19年のトイレットペーパーの国内出荷は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り272文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン