/

この記事は会員限定です

新型肺炎「1、2週間が山場」その根拠は確かか

科学記者の目 編集委員 滝順一

[有料会員限定]

新型肺炎の感染拡大防止について、政府や専門家は「1、2週間が極めて重要な時期だ」と強調する。なぜ「1、2週間」なのか。この間、集会自粛などの措置を続ければ拡大は収まるのだろうか。仮に抑えこみに失敗したらどうするのか。政府関係者の発言の根拠がはっきりしない。国民に犠牲を伴う協力を求めるならもっと丁寧な説明が必要だ。

各地で散発的に感染者が見つかり、感染者の小集団(クラスター)が潜在していると考えられ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1080文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスによる肺炎が中国から世界に拡大しています。関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン