/

この記事は会員限定です

日暮里繊維街(東京・荒川)変化と挑戦、織りなす歩み

[有料会員限定]

日暮里は約90の繊維関連の店が並ぶ手芸の街だ。大正の初めごろ、台東区浅草に集まっていた店が市街地開発などで移ってきたのが始まりとされる。欧州の生地をそろえた店、無数のレースやボタンを並べた店……。東京日暮里繊維卸協同組合の碓井保邦専務理事は「手芸に関しては何でもそろう」。

2月のある土曜日、日暮里駅(東京・荒川)から徒歩15分ほどの工房で、3人の女性が「緊張する」などと声を上げながら工業用ミシンを...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り917文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン