/

東京ディズニーリゾート・USJ、29日から2週間休園

(更新)
29日から3月15日まで約2週間臨時休園する(写真は東京ディズニーランド)

東京ディズニーリゾート(TDR、千葉県浦安市)を運営するオリエンタルランドは28日、TDRを臨時休園すると発表した。新型コロナウイルスの感染が拡大していることを踏まえた措置で、29日から3月15日まで東京ディズニーランドと東京ディズニーシーの2つのテーマパークを閉める。

新型コロナの感染拡大が日本を代表するレジャー施設の休園につながり、消費全般への影響も懸念される。TDRが休園するのは、台風19号が関東地方に上陸した2019年10月以来。複数の日にわたって終日休園するのは、東日本大震災直後の11年3~4月以来、約9年ぶりとなる。

TDRの19年3月期の来園者数は3256万人。1日当たり8万~9万人が訪れており、休日には安定して10万人以上の来園がある。テーマパークは広いものの、乗り物に乗っている間や順番待ちをしている際などは、人と人の距離が近いケースも多い。キャラクターなどと来場者が触れ合う一部の演出を取りやめるなどの対策を既にとっているが、感染予防には全面休園もやむを得ないと判断したようだ。

レジャー施設では、サンリオエンターテイメント(東京都多摩市)が運営する「サンリオピューロランド」(同)と「ハーモニーランド」(大分県日出町)が2月22日から3月12日まで休館する。アジアでも、上海と香港のディズニーランドが既に一時的に休園している。

新型肺炎

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン