/

ノルウェー年金、19年の運用益19.8兆円 米IT株高で

【ロンドン=篠崎健太】ノルウェー政府年金基金を管理するノルウェー銀行(中央銀行)インベストメント・マネジメントは27日、2019年の運用益が1兆6920億クローネ(約19兆8000億円)だったと発表した。株式の運用が好調で、アップルをはじめとする米IT(情報技術)株の大幅高が貢献した。収益率は09年以来、過去2番目の高水準を記録した。

ノルウェー政府年金基金は北海油田から得るノルウェー政府の収入を、将来の国民の年金資産として運用するファンドだ。19年末の運用残高は10兆880億クローネ(118兆円)となった。年間で1兆8320億クローネ増え、年末としての過去最高を2年ぶりに更新した。

運用収益率は19.95%と、米金融危機後の世界的な株価反転が押し上げた09年(25.62%)以来、過去2番目の高さだった。運用指標を0.23ポイント上回ったという。

資産別の収益率は、残高の7割を占める株式が26.02%と好調だった。19年は保有額首位のアップルの株価が86%高、2位のマイクロソフトが55%高となるなど、時価総額が大きい米IT株が大きく値上がりした恩恵を受けた。債券は7.56%、不動産は6.84%といずれもプラスだった。

日本株の19年末時点の保有残高は約7兆5000億円で、18年末より約1兆3000億円増えた。保有銘柄数は1542と29減った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン