/

この記事は会員限定です

19年以降の自社株取得枠、グローバル企業上位に

ランキングで読む決算(6)

[有料会員限定]

上場企業の自社株買いが増えている。2019年以降の自社株取得枠を集計したところ、ランキング上位にはソフトバンクグループソニーなど外国人株主比率が高いグローバル企業が並んだ。4~12月期決算でもヤマトホールディングスなどが大口の自社株買いを発表。ただ足元では新型コロナウイルスの感染拡大などで企業の株主還元の勢いはやや鈍っている。

ランキング首位のソフトバンクグループは昨年5月までに6000億円の自社株買いをした。その後は取得枠を設けていないが、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り786文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン