/

この記事は会員限定です

IASB議長、のれん定期償却の議論「導入側に勢い」

[有料会員限定]

国際会計基準審議会(IASB)のハンス・フーガーホースト議長は日本経済新聞の取材に応じ、M&A(合併・買収)で生じる「のれん」の国際会計基準(IFRS)での扱いについて、IASB内の議論は「定期償却を導入する意見に勢いがある」とした。のれんの定期償却は米国会計基準でも議論されており「同じタイミングで意思決定をしたい」との考えも示した。

のれんは買収価格と買収した企業の純資産の差で、世界的に積み上が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り871文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン