八鹿酒造、酒造りをIoT化 データも収集し生かす

2020/2/28 5:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本酒や焼酎製造の八鹿酒造(大分県九重町)はプラントエンジニアリングの柳井電機工業(大分市)と共同で、あらゆるものがネットにつながる「IoT」を活用した醸造を始めた。工程の一部に、温度を遠隔監視できるシステムを導入した。今後はコメの水分などを瞬時に測定する技術の実用化も目指す。従業員が働きやすい環境を整えるとともに、経験と勘が重視された酒造りをIoTを通じてデータ化する。

温度を遠隔監視するシス…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]