リーガロイヤルホテル小倉、客室最上階を改装

2020/2/27 20:02
保存
共有
印刷
その他

リーガロイヤルホテル小倉(北九州市)は29日、客室最上階の2フロアを改装開業する。客室のデザインや設備を小倉城周辺の川や桜をモチーフに一新し、料金も従来より引き上げた。約1000冊をそろえた「タワーライブラリー」を設け、地域の歴史や文化を発信する。滞在型観光や外国人富裕層の集客増を目指す。

小倉城周辺の川や桜をモチーフに客室などのデザインを調えた(北九州市)

高層階の眺望とともに約1000冊を閲読できる「タワーライブラリー」(北九州市)

同ホテルは全館を順次改装しており、2019年夏に続くリニューアルとなる。タワーフロアと呼ぶ26、27階の客室33室や廊下は桜の花びらが舞う水面(みなも)のような内装で調え、間接照明などで落ち着いた空間を演出する。

タワーライブラリーは松本清張など北九州出身の作家や漫画家の作品、写真集、観光ガイド本を並べる。午前6時~午前0時まで、地上100メートル超の高さで街並みや海岸線を眺めながら読書ができる。選書は日本出版販売(日販)の専門チームが担当した。

改装に合わせ、28階の高層エリアで予約制の無料朝食を提供するほか、客室でチェックイン手続きできるなど同フロア限定のサービスも始める。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]