浜松を光の産業都市に 浜ホト、元祖ベンチャーの挑戦

2020/2/28 12:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「テレビの父」と呼ばれた高柳健次郎のまな弟子が立ち上げた浜松ホトニクス。浜松を代表する元祖スタートアップ企業だが、今や光関連部品の世界的企業の地位を確立している。そんな浜ホトが今、スタートアップの育成に力を入れている。新たな成長戦略か、それとも技術革新に対する危機感の表れなのか。

「光はいまだ未知未踏に満ちあふれている。新たなビジネスや産業を創り出そう」。1月下旬、光技術を使った事業計画を競うビ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]