国際協力銀総裁、石炭火力へ支援継続

金融最前線
2020/2/27 22:18
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

国際協力銀行(JBIC)の前田匡史総裁は27日の記者会見で、石炭火力発電への投融資に対する反発が強まっていることについて「ダイベストメント(投資撤退)は解決策になるのか」と述べ、資金協力を続ける考えを示した。新興国の電力供給網が未発達なことを念頭に「日本が手掛けなければ他の国が手掛ける」と強調した。

二酸化炭素(CO2)排出量の多い石炭火力を巡っては、先進国の金融機関などが投融資から撤退する動き…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]