/

広島の原爆資料館が3月15日まで休館 コロナ拡大防止

新型コロナウイルスの感染拡大防止へ、原爆資料館も休館する(広島市で)

広島市は27日、広島平和記念資料館(原爆資料館)や広島城、広島市現代美術館など同市が所管する施設を2月29日から3月15日まで臨時休館すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大を防止するためで、原爆資料館はホームページで臨時休館を伝え周知に努める。3月16日以降の対応については状況を踏まえて検討していくという。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン