/

この記事は会員限定です

とちおとめに続け 甘くて強い「いちご王国」の新星

編集委員 吉田忠則

[有料会員限定]

イチゴの生産量で半世紀にわたって全国一の座に君臨し続ける栃木県。「いちご王国」とも称されるこの県を代表する品種の「とちおとめ」と、今シーズンから本格的に出荷が始まった新しい品種を食べ比べてみた。

まず、とちおとめ。口に含むと甘みとともに酸味が広がり、いかにもイチゴらしい味を確認できる。これに対し新品種は、酸味がほとんどなく、甘みが前面に出る。名前は「栃木i37号」。愛称はまだない。

栃木県のイチゴ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1750文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

食の進化論

農政から先進農家、スマート農業、植物工場、さらにカリスマシェフや外食チェーンなど「食と農」に関するテーマを幅広く取材してきた。著書に「見えざる隣人」「農は甦る」「コメをやめる勇気」「農業崩壊」。中国の駐在経験も。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン