新型コロナ拡大防止へ「すぐ外来診療を休止に」
感染拡大を防げ(4)

ルポ迫真
2020/2/27 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

相模原中央病院の玄関に張り出された告知文(17日午後、相模原市)

相模原中央病院の玄関に張り出された告知文(17日午後、相模原市)

関東圏にある総合病院の敷地の隅に立つプレハブ小屋の入り口に1枚の紙が貼られていた。「診察室 関係者以外立ち入り禁止」。小窓のついた6畳ほどの室内には椅子とベッド、小型のレントゲンが備えてある。新型コロナウイルスに感染した疑いのある人を診察する専門の「帰国者・接触者外来」だ。

厚生労働省は2月1日、全国335の地域医療エリアに1カ所以上、専門外来を設置するよう各自治体に通知した。患者が直接殺到しないよう、専門外来のある病院名は原則非公表。プレハブ小屋としたのは、ほかの患者への感染を防ぐためだ。

2月半ばまでにこの小屋で診察したのは中国人数人。厚労省がウイルス検査の対象を広げたため今後は増加…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]