三菱商事と中部電力、英で海底送電線を取得へ

2020/2/27 18:51
保存
共有
印刷
その他

三菱商事中部電力は27日、英国の東部沖120キロメートルで運転する約120万キロワットの洋上風力発電所を巡り、海底送電線の運営事業の優先交渉権を取得したと発表した。運転中の送電線と変電設備の資産規模は約1700億円。2021年度ごろから25年間にわたり、別の事業者が運転する洋上風力の電力を送電し、託送収入を得る。三菱商事の英国の海底送電線の運営事業は9件目。三菱商事が51%、中部電力が49%を出資する。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]