政府の基幹クラウド、アマゾン傘下に 防衛・年金が今後の焦点 中国勢は回避

2020/2/28 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府は今秋以降に各省庁が共通で導入するクラウドについて、米アマゾン・ドット・コム傘下の企業を採用する方針を決めた。政府システムのクラウド化をめぐる初の大型案件となる。クラウド業界で圧倒的なシェアを誇る米国勢に頼る一方、中国勢は事実上、排除する方向で調整する。今後、年金や防衛のクラウドをどこの企業が担うかが焦点になる。

各省庁共通でクラウド化するのは人事や給与、文書管理などのシステムで「政府共通プ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]