東南アジアの新興企業、資金調達が失速 19年3割減
配車2強に集中

アジアBiz
2020/2/27 20:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東南アジアのスタートアップ企業への資金流入が勢いを失い始めた。ベンチャーキャピタル(VC)などによる2019年の投資額は95億ドル(約1兆円)で前年比3割縮小した。10億ドル以上を調達したのは前年の5社から2社に減った。企業価値10億ドル以上の未上場企業「ユニコーン」の評価が世界的に厳しさを増し、新型コロナウイルスの感染も広がり、有力スタートアップの収益性が問われる一方、グラブなど配車2強に巨額…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]