新型コロナからの警鐘 呉軍華氏
日本総合研究所理事

2020/2/28 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中国の武漢を発生源とした新型コロナウイルスによる肺炎(以下、新型肺炎)は、ついに世界の株価に「感染」した。今週初め、アジアや欧米の株式市場では株価が軒並み急落。世界保健機関(WHO)による新型肺炎のパンデミック(世界的流行)宣告を待たずに、景気後退のパンデミックが起きたわけである。

新型肺炎の感染拡大を、世界経済を襲った「ブラックスワン」に見立てる向きがある。ブラックスワンすなわち黒い白鳥は、従…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]