/

東京都の宮坂副知事、5G社会実現へ市区町村と連携

東京都の宮坂学副知事は27日の都議会で、次世代通信規格「5G」を活用した情報社会「スマート東京」の実現に「市区町村と連携・協力は不可欠だ」と述べた。市区町村から情報通信技術(ICT)人材の確保が難しいとの声が寄せられていると説明し「人材確保とチームづくりに全力を尽くす」とした。

都が5G推進施策をまとめた「スマート東京」実施戦略を7日に公表後、町村会や区長会、市長会の場で宮坂氏がポイントを直接説明したところ「いずれの場でもICT人材の確保に関する意見が多く寄せられた」という。

人材確保は「都と区市町村の共通の課題であると認識した」と宮坂氏は指摘。「区市町村との連携強化に向けて取り組む」とした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン