/

マスク抱き合わせ「独禁法違反も」 公取委、業界団体に周知要請

新型コロナウイルスの感染拡大でマスクの品薄状態が続く中、公正取引委員会は27日、抱き合わせ販売をしないよう業界団体「日本チェーンドラッグストア協会」に周知を要請した。公取委は「供給が不足し、代替する商品が存在しない状況での抱き合わせ販売は独占禁止法が禁じる取引につながる恐れがある」としている。

全国展開するドラッグストア「コクミンドラッグ」の一部店舗でマスクと栄養ドリンク、化粧品などをセットで販売したことが分かっている。運営会社の「コクミン」(大阪市)は「誤解を招く恐れのある販売方法だった」として抱き合わせ販売を中止し、社内調査で経緯を調べている。

マスクはインターネット上で高値販売される例も目立つ。供給不足を解消しようと国内の主要メーカーが24時間体制で増産している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン