東京都医師会、抗ウイルス薬の審査迅速化を提言

2020/2/27 17:51
保存
共有
印刷
その他

東京都医師会は27日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて提言をまとめた。治療に有効と思われる抗ウイルス薬が使えるよう倫理審査の迅速化や保険適用が必要だと強調。ウイルス感染の有無を調べる「PCR検査」の体制整備も国や都に求めた。都民には不要不急の外出自粛を呼びかけた。

尾崎会長は不要不急の外出自粛などを呼びかけた(東京都千代田区)

医療機関は基礎疾患のある高齢者を中心とする患者を抱える。今後、感染が疑われる患者が医療機関を訪れた場合には、通常の外来とは別枠の診療時間の設定や動線の区別も検討する。

尾崎治夫会長は「いかに(まん延の)ピークを遅らせ、医療機関のキャパシティーを増やすかだ」と対策の必要性を強調する。その上で「一番大事なことは外出の自粛。37.5度以上の場合は必ず休んで自宅で待機してほしい」と訴えた。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]