/

この記事は会員限定です

「国産メモリ」キオクシア、投資競争へ 10月にも上場

[有料会員限定]

半導体メモリー大手のキオクシアホールディングス(旧東芝メモリホールディングス)は、2020年10月をメドに上場を目指す方針を固めた。次世代通信規格「5G」関連など新たなメモリー需要をにらみ、市場で調達した資金を使って積極投資する。資金力に勝る韓国勢に対抗し、成長するシナリオをどう描くかが、投資マネーを集めるうえで重要になる。

キオクシアHDは記憶装置に使うNAND型フラッシュメモリーで韓国サムスン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1288文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン