プレーバック

フォローする

柔道・井上オール1本の金 2000年シドニー五輪

2020/2/27 18:00
保存
共有
印刷
その他

五輪で39個の金メダルをもたらしてきた日本柔道界でも華やかさで白眉といえるのがシドニー男子100キロ級の井上康生だろう。前年の世界選手権を制し本命として上がった畳。決勝は2分9秒、代名詞の内股でニコラス・ギル(カナダ)を跳ね上げる。海外勢のマークも関係なし、駆け引きなしのオール一本で頂点に駆け上がった。

シドニー五輪の柔道男子100キロ級で金メダルを獲得し、母、かず子さんの遺影を掲げる井上康生選手(2000年9月)

シドニー五輪の柔道男子100キロ級で金メダルを獲得し、母、かず子さんの遺影を掲げる井上康生選手(2000年9月)

表彰台では前年に急死した母、かず子さんの遺影を抱いた。亡くなった当時、スランプに陥っていた井上は、母からの最後の手紙に記されていた「初心に戻って」を胸に刻み復活。母への感謝の念を表した22歳の若者の表情も涙を誘った。

その後も01年から全日本選手権を3連覇したが、五輪連覇を期待されたアテネ大会では準々決勝で敗戦。以降は大胸筋断裂の大けがを負い苦しんだ。08年の全日本選手権で内股をすかされて敗戦、北京五輪出場はかなわず、これが現役最後の試合となった。得意技で散った競技人生の締めくくりまで、すべてが絵になる不世出のスターだった。

プレーバックをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

プレーバック 一覧

フォローする
ロンドン五輪のバドミントン女子ダブルス決勝、中国ペアと対戦する藤井(右)、垣岩組

 日本バドミントン界の悲願が成就した瞬間だった。2012年ロンドン五輪。女子ダブルスの藤井瑞希、垣岩令佳組は結成7年の熟練の攻撃プレーで日本勢初の銀メダルに輝いた。

 開幕前の世界ランキングは5位と、メ …続き (3/19)

ジョイナーはソウル五輪で陸上短距離3冠に輝いた=ロイターロイター

 長く伸ばした髪をなびかせ、長い爪には鮮やかなマニキュア。それまでの常識を覆す奇抜なファッションと衝撃的な走りで一時代を築いた。1988年ソウル五輪で陸上短距離3冠に輝いたフローレンス・ジョイナー(米 …続き (3/12)

卓球男子シングルス3位決定戦で勝利し、雄たけびをあげる水谷

 福原愛ら女子の陰に隠れていた日本男子卓球界が一躍、脚光を浴びた2016年リオデジャネイロ五輪。エース水谷隼は心技体とも絶好調だった。

 シングルス準決勝で金メダルの馬竜(中国)に惜敗したものの、3位決 …続き (3/5)

ハイライト・スポーツ

[PR]