/

めぶきFGなど、M&Aマッチングで広域連携

常陽銀行と足利銀行を傘下に持つめぶきフィナンシャルグループなどは27日、取引先企業のM&A(合併・買収)に関するマッチング業務で連携すると発表した。M&Aを検討する取引先の情報を共有し、広域で紹介しあえるようにする。広域連携で取引先の事業承継などを後押しするとともに、仲介手数料を得る機会を広げる。

めぶき傘下の2行のほか、百十四銀行十六銀行南都銀行山口フィナンシャルグループが参加する。事業譲渡や買収など、取引先の希望や財務情報をデータベースに登録して共有し、マッチングにつなげる。M&A仲介業者と比べ、取引先企業を詳しく把握している強みを生かして成約につなげる。

これらの地銀・グループはいずれも、三菱UFJ銀行の基幹システムを基に構築した「Chance地銀共同化システム」を共同利用している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン