/

この記事は会員限定です

CO2削減目標の早期提出に「待った」 投資家ら要望

科学記者の目 編集委員 滝順一

[有料会員限定]

日本政府の温暖化ガス削減目標の再提出方針に対し、国内外の企業や環境団体、国際的な機関投資家などが再考を求めている。日本政府は11月に英国で開く国連気候変動枠組条約第26回会議(COP26)に向け、2030年度に13年度比で26%の削減を目指す既存の目標を見直すことなく再提出するとみられる。投資家らは目標の引きあげを求める書簡を安倍晋三首相あてに送った。

気候変動に関するアジア投資家グループ(AIG...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1526文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン