/

この記事は会員限定です

宮城・南三陸「結の里」、災害公営住宅で孤立防止

(気になる現場)

[有料会員限定]

東日本大震災からまもなく9年を迎える。災害公営住宅が整備された一方、住み慣れた地域を離れた被災者の心のケアやコミュニティーの再建が課題となってきた。宮城県南三陸町の災害公営住宅に隣接してできた交流施設「結の里」は地域の人たちをつなぐ拠点だ。住民らが見守り活動やイベントなどを自主的に企画し、高齢者の孤立防止に取り組んでいる。

結の里は2018年4月にオープンした。南三陸町の委託を受けた町の社会福祉協...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1253文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン