絶滅マンモスを復活させる iPS細胞技術駆使

2020/2/28 11:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

三葉虫、恐竜、マンモスなど――。地球上にこれまで登場した生物の9割以上はすでに絶滅している。幾度となく大量絶滅を繰り返し、現在もそのスピードが加速しているという。だが、研究者は新たに手にしたiPS細胞やクローン技術などを駆使し、絶滅した動植物の復活や危惧種の絶滅阻止に向けた研究を加速させている。地球の生命進化の歴史にあらがう壮大な実験が進む。

古生代のオルドビス紀末(約4億4千万年前)以降、地球…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]