/

この記事は会員限定です

米IT大手で存在感増すインド出身CEO

シリコンバレー支局 佐藤浩実

[有料会員限定]

米国のIT(情報技術)大手でインド出身の最高経営責任者(CEO)の存在感が増している。マイクロソフトやグーグルに加え、今春にはIBMのトップもインド出身者に代わる。グローバル企業がこぞってインド人材を重用するのはなぜか。およそ半世紀前に渡米した「印僑(いんきょう)」として経営を切り開いた先駆者の分析から浮かぶのは、言語や多様性に加え、テクノロジーというキーワードだ。

インド人では資金調達困難な時代も

1987年、エクセランというシリコン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1528文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

グローバルViews

いま大きく揺れ動く、世界経済。 自分か。自国か。世界か。このコラムでは、世界各地の記者が現地で起きる出来事を詳しく解説し、世界情勢の動向や見通しを追う。 今後を考えるために、世界の“いま”を読み解くコラム。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン