浜松産キャビア、鮮度・味わい 英王室も注目
わが社の一押し

2020/2/27 14:36
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ケーブル製造の金子コード(東京・大田)が浜松で高級食材のキャビアを生産し、高級レストランの需要を開拓している。売りは新鮮なキャビア本来の味だ。2019年には英国のエリザベス女王ら王室が著名人を招待した昼食会で振る舞われた。本業のケーブルからかけ離れた食品事業だったが、今や世界も認める味に育て上げている。

19年6月、英国で開いたポロの世界大会「ザ・ロイヤルウィンザー・カップ」。大会中の主賓席の昼…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]