/

この記事は会員限定です

日経平均一時2万2000円割れ、市場関係者の見方は

[有料会員限定]

27日の東京株式市場で、日経平均株価は一時2万2000円を割り込んだ。取引時間中としては2019年10月11日以来、約4カ月半ぶりだ。今後の株安の背景と今後の見通しについて市場関係者に話を聞いた。

米株安へ警戒続く、来週に2万1500円割れも

三浦豊・みずほ証券シニアテクニカルアナリスト

27日午後の日経平均株価は2万2000~2万2050円を中心とした安値圏でもみ合いそうだ。新型コロナウイルスの感染拡大を巡り、米疾病対策センター(CDC)が米...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り730文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン