/

この記事は会員限定です

ドル覇権は続くのか 人民元・デジタル通貨との相克

Global Economics Trends 編集委員 西村博之

[有料会員限定]

Global Economics Trends

世界的な関心を集める経済学の最前線の動きやトピックを紹介します。

ドルの覇権は続くのか。繰り返されてきた問いに、あらためて光が当たっている。発端は米フェイスブックが2019年に打ち上げた暗号資産「リブラ」の発行構想だ。これを受け中国がデジタル人民元の発行を急ぐ意向を示し、日欧などの中央銀行もデジタル中銀通貨の研究に乗り出した。多くの矛盾を抱えながらも続いてきたドル中心の通貨体制は、いよいよ求心力を失うのだろうか――。

最近、ある米情報機関の人材募集が話題を呼んだ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り10897文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン