/

この記事は会員限定です

新型コロナ再び「陽性」 専門家「潜伏し増殖の可能性」

[有料会員限定]

大阪府の新型コロナウイルス患者で一度は陰性と確認されながら、20日後に再び陽性と診断されたケースが確認された。中国ではすでに同様の症例が報告されているが、厚生労働省によると、退院後に再び陽性となるのは国内初。専門家は再感染や臓器などにウイルスが潜む「持続感染」の可能性を指摘し「陰性となって退院した後も、再び症状が出れば再検査を行うことが望ましい」と指摘する。(札内僚)

府によると、再び陽性が確認...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り855文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン