19年度の実質成長率は0.3%、20年度は0.2%成長 NEEDS予測
新型肺炎拡大で2四半期連続のマイナス成長に

2020/2/27 13:17
保存
共有
印刷
その他

日本経済新聞社の総合経済データバンク「NEEDS」の日本経済モデルに、内閣府が2月17日に公表した2019年10~12月期の国内総生産(GDP)速報値を織り込んだ予測によると、19年度の実質成長率は0.3%、20年度は0.2%の見通しになった。

20年1~3月期の日本経済は、新型肺炎による中国経済の減速が影響し、2四半期連続のマイナス成長となりそうだ。輸出がマイナス幅を拡大し、個人消費や設備投資…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]