NYダウが2万7000ドル割れ 昨年10月以来、新型コロナで

2020/2/27 6:35
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=横内理恵】26日の米株式市場でダウ工業株30種平均は5日続落した。前日比123ドル77セント(0.5%)安の2万6957ドル59セントで終え、昨年10月下旬以来の2万7000ドル割れとなった。連日急落した後とあって自律反発狙いの買いが先行したが、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大を嫌気した売りに押された。

ダウ平均は午前中に461ドル上げる場面があった。前日までの2日間で1911ドル下落した反動に加え、値ごろ感が意識されたとの声があった。

買い一巡後は急速に伸び悩み、午後に下げに転じた。26日はブラジルで新型コロナの感染者が初めて見つかり、米国でも感染が拡大しつつある。「感染が収束に向かう時期や経済的な影響が全く予測できない」(ヒンズデール・アソシエイツのビル・リンチ氏)との見方が買い手控えにつながった。

投資家心理を測る指標の変動性指数(VIX)も28台で推移する場面が目立った。不安心理が高まった状態とされる20を大幅に上回った。一段安を警戒し、投資家は萎縮しているようだ。

前日夕にボブ・アイガー最高経営責任者(CEO)の退任を発表した映画・娯楽大手のウォルト・ディズニーが大幅安で終えた。原油安を受けてエクソンモービルなど石油株も下げた。

一方、業績懸念や利益確定売りで前日までに大きく下げたスマートフォンのアップルやソフトウエアのマイクロソフト、画像処理半導体(GPU)のエヌビディアなどが反発した。

ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は5営業日ぶりに反発し、同15.162ポイント(0.2%)高の8980.775で終えた。アップルなどのほか、動画配信のネットフリックスの上昇が目立った。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]