大阪都構想、災害対応で対立 住民投票の争点出そろう

2020/2/26 23:55
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

大阪市を廃止して特別区を設置する「大阪都構想」の制度設計を話し合う法定協議会(法定協)が26日開かれ、都構想実現後の災害対応を巡って論戦が繰り広げられた。自民党などはこれまで「職員が分散し、災害対応に支障が出る」と批判してきた。大阪維新の会は、現在の24区の区役所で勤務する職員が最大で現在の1.5倍になるとの試算をもとに反論した。

法定協会長で維新の今井豊府議によると、法定協後に開かれた代表者会…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]