大阪の女性、退院後再び新型コロナ陽性 国内初

2020/2/26 22:37
保存
共有
印刷
その他

新型コロナウイルスに感染した女性ガイドについて説明する大阪府の担当者(26日夜、大阪府庁)

新型コロナウイルスに感染した女性ガイドについて説明する大阪府の担当者(26日夜、大阪府庁)

大阪府は26日、1月に新型コロナウイルスの感染が判明した府内の40代女性バスガイドが退院後の検査でいったん陰性と確認された後、再び陽性と診断されたと発表した。厚生労働省によると、退院後に再び陽性に転じたのは国内初。

府によると、女性は2月1日に退院後、毎日マスクを着用しており自宅療養していた。現在は医療機関に入院している。府の女性への聞き取りでは濃厚接触者はいないという。

府は再び陽性が確認された今回のケースについて、体内に潜んでいたウイルスが再燃した可能性のほか、再感染の可能性もあると指摘した。ただ、府は女性が2月以降に受診した感染症に対応した医療機関で他の新型コロナウイルス患者が確認されていないことから、「再感染の可能性は現時点で低い」とみている。

府によると、女性は1月29日に最初の陽性が確認された後、大阪市内の病院に入院していたが、回復したため1日に退院。せきの症状が出たため6日に感染の有無を調べる「PCR検査」を実施したが陰性だった。ただ、その後も喉の違和感や胸の痛みが続いたため、21~25日にかけて医療機関を受診。26日にPCR検査を実施した所、陽性が判明した。

女性は1月に感染が確認された奈良県の60代男性が運転したバスにガイドとして乗車し、中国・武漢市からのツアー客を案内していた。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]