北海道知事、新型コロナ拡大で経済界に支援要請

2020/2/26 21:01
保存
共有
印刷
その他

北海道の鈴木直道知事は26日、北海道経済連合会の真弓明彦会長と会談し、テレワークや時差出勤の拡大を通じて労働者が働きやすい環境を整備するよう求めた。北海道は新型コロナウイルスの感染拡大で道内の公立小中学校を27日から一斉休校するよう市町村に要請しており、経済界にもサポートを求めた。

北海道の鈴木直道知事は北海道経済連合会の真弓明彦会長に企業での対応を求めた(26日、札幌市)

北海道の鈴木直道知事は北海道経済連合会の真弓明彦会長に企業での対応を求めた(26日、札幌市)

鈴木知事は(1)職場での手洗いやせきエチケットの徹底(2)テレワークや時差出勤などの積極活用(3)小中学校の臨時休校時に労働者が休みやすい環境への配慮――の3点を求めた。鈴木知事は「北海道が安心して経済活動を行える環境をつくる上で重要な期間だ。皆さんの協力をお願いする」と話した。

真弓会長は「従業員が休みやすい環境整備など、会員企業を中心に改めて強く働きかけていく」と応じた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]