文化セクションの活用術

カバーストーリー
2020/2/28 17:52 (2020/3/27 19:39更新)
保存
共有
印刷
その他

■「文化」の一押し

「私の履歴書」ではアーカイブを順次増やしています

「私の履歴書」ではアーカイブを順次増やしています

名物コラム「私の履歴書」は各界の著名人が月替わりで登場し、自ら波瀾(はらん)万丈の半生を語ります。困難にくじけず、未踏の道を切り開いた人々の物語は、ビジネスマンだけでなく今を生きるあらゆる世代に成功へのヒントと力を与えてくれます。原則毎日公開します。

音声配信メディア「Voicy(ボイシー)」とも連携を始めました。3月2日スタートの第1弾として、1月に掲載した鈴木茂晴・日本証券業協会会長の物語を、文章とともに味わい深い朗読でお届けします。

過去の連載を再掲載するアーカイブも順次増やしています。松下電器産業(現パナソニック)創業者の松下幸之助さんや京セラ創業者の稲盛和夫さんのほか、読売新聞主筆の渡邉恒雄さん、元首相の中曽根康弘さん、作家の瀬戸内寂聴さんらの記事がお読みいただけます。

■「文化」コラムの紹介

「カバーストーリー」…文化を見えないところで、しかしパワフルに支える縁の下の力持ちを紹介します。名誉のためでも利殖のためでもなく、ただひたすら「好き」「知りたい」という気持ちにつき動かされ、長年一つの事柄を調べたり、ユニークな活動に取り組んだりしてきた人々のライフストーリーです。随時、文化・芸術分野の最新動向のリポートも掲載します。原則月曜から金曜公開

「美の十選」…毎回様々なテーマにそって美術作品10点を紹介するコラムです。美術の専門家だけでなく、作家、音楽家など幅広いジャンルで活躍する筆者が寄稿します。ビジネスマンに必須の教養講座です。原則月曜から金曜公開

「アートレビュー」…話題の映画やコンサート、舞台、美術展などの批評のほか、現場ルポも掲載します。随時公開

■これもお薦め

「エッセー」…現役経営者や話題の文化人が、自身の体験やユニークな視点を通してつづる随想です。日々の暮らしに新鮮な発見をもたらします。原則毎日公開

■連載中
3月20日スタートの「美の十選」は「画家のまなざし」です。「その一瞬」をなぜ描いたのか。画家たちのまなざしに映った美を齋藤芽生さん(画家)が追います。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]