政府、公立病院の病床確保を要請 新型コロナに備え

2020/2/26 20:45
保存
共有
印刷
その他

高市早苗総務相は26日、全国知事会など地方3団体と会談し、新型コロナウイルスに感染した患者が今後増えることを見据えて、公立病院で重症患者を優先的に受け入れるベッド(病床)を確保するよう要望した。総務省と都道府県、政令指定都市の間で情報共有窓口を設けることも明らかにした。地方でどのような支援が必要かを共有し、対策に反映する。

専用設備のある「感染症病床」は全国約1800あるが、このうち6割は公立病院が抱えている。今後は重症患者が増える恐れがあるため、公立病院が感染症病床以外の病床も積極的に確保しておくよう求めた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]