日経商品指数17種

(1970年平均=100)
6月5日 133.622 +0.769

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

2020年 株主総会のポイント [映像あり]

日経CNBCコメンテーター 崔 真淑

2020年6月5日

10兆円予備費「緊急の経費に限定」 官房長官 [映像あり]

米ガソリン価格が反発 4月安値から1割高

2020年6月5日

[PR]

商品ニュース

1月の中古車競売価格、3.5%高 国内需要の回復で

2020/2/26 19:53
保存
共有
印刷
その他

日本中古自動車販売協会連合会(JU中販連、東京・渋谷)がまとめた1月の業者向け中古車オークションの平均落札価格は、前年同月比3.5%高い1台29万3000円だった。前年を上回るのは2カ月連続。2019年10月の消費増税後に落ち込んでいた国内需要が回復しつつある。

国内の中古車需要が回復しつつある

ユー・エス・エス(USS)の1月の成約単価も1台77万円と同13.5%高だった。同社は「国内の中古車需要の引き合いが強くなってきた」と指摘する。

19年10~12月は国内で中古車の販売台数が減っていた。「ガリバー」を手がける中古車販売大手のIDOMは「消費増税前の駆け込み需要の反動があった」と振り返る。同社の販売台数は3カ月連続で前年同月を下回っていたが、20年1月は1万7207台と同4.0%増えた。

中古車の輸出ではアジアの新興国向けで不振が続いていたが、一部の国では輸出台数が増えてきた。特に100万円以上の高単価な中古車を輸入する傾向の強いスリランカ向けが伸び始めている。フジヤマトレーディング(横浜市)の藁科吉晴社長は「税制優遇が受けられる小排気量の多目的スポーツ車(SUV)の人気が高い。19年夏の輸入規制の緩和が台数に反映されてきた」と話す。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム