西武ライオンズ、球場駐車場料金に変動価格制

2020/2/26 19:53
保存
共有
印刷
その他

プロ野球・埼玉西武ライオンズは3月から、本拠地のメットライフドームの駐車場料金に価格変動制を導入する。一軍公式戦の開催日に天候や市況などに応じて、人工知能(AI)が需要を予測して価格を算出する。駐車場のチケットがオークションなどで不正転売されるのを防ぐ狙いもある。

ドームの4カ所の駐車場のうち、2カ所(約430台分)で導入する。「スタンダード」「プレミアム」など試合日に応じて1800~3000円の4通りの価格をあらかじめ設定。販売開始後にAIが需要を分析して最終的に価格を決める。

ドーム周辺の駐車場は需要が高く、一部の駐車場は昨季の66試合中62試合でチケットを完売した。オークションサイトなどで定価を大幅に上回る価格で売買されることもあったという。球団は来季以降、観戦チケットにも価格変動制を導入することを検討している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]